Obtaining a hunting rifle license

猟銃免許取得

How to get a hunting gun license

Obtaining a license

免許の取得

オリンピックの正式種目でもある銃砲スポーツ・クレー射撃は、若年層から高齢者まで年齢に関係なく楽しめる生涯スポーツともいえます。近年は女性シューターも増えて、健全なスポーツとして定着してきました。銃砲所持は、さだめられた手続きを踏めば殆どの方が所持ができます。 ここではクレー射撃を始めるにあたり、講習修了証明書取得までの道のり、心構え、注意事項に監視、わかりやすく説明致します。これから銃砲スポーツ・クレー射撃を楽しもうと思われている方の御役に立つ事が出来れば幸いです。

KANAGAWA OOI SHOOTING RANGE

It is one of the best shooting ranges in Kanagawa Prefecture and is used by many enthusiasts.

How to get a hunting gun license

Let's take a look

① 見学しよう

まず、神奈川大井射撃場に一度見学にお越し下さい。お越し頂いた際に、まず始めに必要な猟銃等講習会(初心者講習会)を受講するには、どこへ行ったらいいのか、講習会の日程・必要書類等をお教えいたします。

How to get a hunting gun license

Application for training sessions on hunting rifles

② 猟銃等講習会の申込み

猟銃等講習会の申込み先は住所地を管轄する警察署となります。身だしなみ・言葉使い・態度等に注意して、担当官に良い印象を与えることが大事です。 担当官から最初に「なぜ銃砲を所持したいのか?」と尋ねられるかと思います。
その際には「クレー射撃はオリンピック競技にもなっているし、自分の可能性を試したい」等とお話すると良いかもしれません。

How to get a hunting gun license

Lectures will be given

③ 講習会受講

いよいよ講習会です。講義及び考査には、食事休憩等を含めると約7時間ぐらいかかります。法令や銃の取扱い等の講義が休憩を挟んで約4時間続き、最後に考査があります。 公安委員会では考査の点数の発表はしません。これは考査であり試験では無いということで、あくまで所持許可を与えてよいかどうかの判断基準の一つであると言うことです。もし考査の採点に自信があっても不合格になったなら、再度挑戦してみて下さい。数回目で合格された方もかなりおられます。

How to get a hunting gun license

After passing the lecture

④ 講習会合格後 

教習射撃資格認定申請、火薬類譲受許可申請、射撃教習などを経て実際の射撃が行えるようになります。詳しくは各段階で詳しくご説明いたしますので、お気軽に見学にお越しいただける方をお待ちしております。